宴会でフランス料理

フランス料理店のマナー

予約時から着席時のマナー

会社の会食でのフランス料理。楽しみではありますが少し緊張もしますね。初めてのフレンチレストランでのディナーを存分に楽しめるように少しマナーを予習しておきましょう。また宴会の会場をお探しの方もどうぞこちらを読んでみてくださいね。

まず、ディナーの日にちが決まったらすぐにレストランに予約の電話を入れましょう。特にグループでの会食の場合は出席者のスケジュールを合わせて決めた日取りなので、希望日が満席になってしまっては残念です。何日前でも早すぎることはありません。急に思い立った会食の場合でも前日までには予約したいですね。

予約時には希望の日時や人数を伝えますが、特別なリクエストがあればこの時点で伝えておきます。静かな席、眺めのよい席などのテーブルの希望。参加者の中にお誕生日の方がいればその旨も伝えましょう。お誕生日用のデザートをチョイスできるかもしれませんし、ちょっとしたサプライズのサービスも受けられるかもしれません。

グループでの会食の場合は決まったコースメニューを選ぶのもよいかもしれません。その場合は事前にメールでメニューを教えてもらい、苦手な食材があればこれも伝えておきましょう。予約の時点で自分たちの希望や情報を提供することで、より楽しく気持ちの良いディナーを楽しむことができるはずですので、遠慮なくリクエストは伝え、わからないことは尋ねておきましょう。

当日入店したら、お店の方のおもてなしを受けるつもりでリラックスしてテーブルに向かいましょう。コートや大きな荷物はクロークに預けて、手には小さな荷物だけを持ちます。宴会の主賓がいる場合はその方に最初に着席して頂きます。お店のサービススタッフが主賓用のポジションに導いてくれるはずです。

その次に女性が席に着きます。レストランでは女性は遠慮せず堂々と振舞って楽しみましょう。レディファーストが基本ですから、女性が遠慮しているとディナーがなかなか進行しないことになってしまいます。